Takaaki KJ 

東京から東南アジア、アメリカ合衆国、メキシコを経て2013年から南米コロンビア在住。大阪大学大学院にて文化人類学を学び(M.A.,Human Science)、2017年北米カンザス大学大学院にて美術史博士号(Ph.D.,Art History) 取得。

2016年以降、ボゴタと東京という二都市をベースにしながら、多くのローカル、インターナショナルな展覧会企画を主導/に参加。コロンビアではMUUA(アンティオキア大学ミュージアム)、コロンボ・アメリカ―ノセンター、カリ市ファインアートインスティテュート、ロスアンデス大学などのスペースで主に日本在住作家の展示を、東京ではセルバンテス文化センター東京や、Art Trace Galleryなどにてラテンアメリカ出身作家の展示にキュレーターとして参加。2018年からはCASADUCARAなどボゴタ市内の複数のオルタナティブスペースやアーティスト・イン・レジデンスプログラムの立ち上げにかかわる。

2018年ごろ、最新機種スマートフォンのカメラに魅せられたことをきっかけに写真家としての活動を再開、パンデミック下の2021年2月には写真家の身体や撮影行為が引き起こす路上でのシチュエーションに焦点をあてた実験的写真プロジェクトProyecto Nomadasを共同で立ち上げ、現在まで継続。その成果を福岡市のArt Space Tetraでの展示(2021年8月)、および東京芸術大学大学院主催の国際学会Research/Art/Practice(2021年10月)にて発表。

博士論文『北川民次の美術と美術教育:革命後メキシコと現代日本における文化の翻訳』(University of Kansas, 2017) にてまとめた画家北川民次に関するリサーチをコレヒオ・デ・メヒコ(Colegio de México)、ロスアンデス大学(Universidad de los Andes)などにおける国際学会で発表。これまで、ロスアンデス大学、コロンビア国立大学、ラサジェ大学にて日本のコンテンポラリーアート等の講義を担当。

2021年現在、コロンビアという現代アートの言説のなかでは「辺境」とされる場所から、アートと民族誌的経験の接合領域におけるリサーチをベースとした実験なキュレーション企画や写真プロジェクトの発信を続けている

CV (日本語)2020年8月現在
写真作品ポートフォリオ